• 現地案内図
  • 物件概要
  • 資料請求・来場予約
  • ブログ

STRUCTURE

構造

二重天井

二重天井
全居室を二重天井としています。配管・配線のコンクリートスラブへの打ち込みを減らすことで、将来的なリフォームのしやすさなどにも配慮しています。

ボイドスラブ工法

ボイドスラブ工法
スラブの中にワインディングパイプを通したボイドスラブ工法を採用。すっきりとした室内空間が特長です。

鉄筋コンクリート柱の耐震性を高める溶接閉鎖型鉄筋(一部除く)

鉄筋コンクリート柱の耐震性を高める溶接閉鎖型鉄筋(一部除く)
鉄筋コンクリートの柱主筋を拘束する帯筋に、つなぎ目のない溶接閉鎖型鉄筋(一部除く)を採用。地震時などに主筋が座屈しないよう、より強い力でコンクリートを拘束し、柱の耐震性を高めています。

建物強度と耐久性を向上させるダブル配筋工法(一部除く)

建物強度と耐久性を向上させるダブル配筋工法(一部除く)
耐力壁の鉄筋を二重に組み上げるダブル配筋を標準採用。シングル配筋に比べて強度・耐久性が向上し、ひび割れも起きにくい構造です。

建物の基礎をしっかり支える強固なエルマッドS工法

建物の基礎をしっかり支える強固なエルマッドS工法
地盤面から約6.0mの砂礫層に達するブロック状の改良地盤を24ヶ所築造して、建物を支えています。改良地盤の大きさは、約2.4〜4.6m。セメント系の固化材液と土を混ぜ合わせ固めることで、均質な強度の地盤を造成しています。

圧縮強度に優れたコンクリート

圧縮強度に優れたコンクリート

※コンクリート強度の単位:強度を表す単位のN/m㎡とは約10kgf/c㎡のことで、1c㎡に約10kgfの圧力がかかるまでは壊れない強度ということです。

通常の建物では設計基準強度が約21~24N/m㎡程度のコンクリートが使われますが、「ブライトタウン早出 ザ・テラス」では最大1c㎡当たり約360kgの圧縮強度を持つ約27~36N/m㎡のコンクリートを使用。また水セメント比※1を50%以下に抑え、コンクリート表面からの劣化対策を行っています。
※1 水セメント比とは水の重量をセメントの重量で割ったものです。

国・静岡県の厳しい耐震基準を更に上回る地震対策

国内トップの耐震基準をクリア。東海地震の切迫性が叫ばれる中、静岡県は防災対策先進県として独自に建築構造設計指針を制定。国内で最も高い地震地域係数1.2を更に上回るより強固な設計・施工を行なっています。

住戸のプライバシーにも配慮した壁・床構造

圧縮強度に優れたコンクリート
住戸を仕切る戸境壁には厚さ約200mm以上のコンクリート壁を採用。また床スラブは厚さ最高約300mmとし、遮音性に配慮しました。

※掲載の概念図はイメージです。

資料のご請求・お問い合わせは
0120-663-106 営業時間/午前10時~午後6時 定休日/火・水曜日